社長メッセージ
知を戦わせ、新しい価値を創造するのは、 異質・異能のぶつかり合い。 それを支えるのはリスペクトのマインドです。代表取締役社長 若林 学

知を戦わせ、新しい価値を創造するのは、 異質・異能のぶつかり合い。 それを支えるのはリスペクトのマインドです。
代表取締役社長 若林 学

カタリナ マーケティング ジャパンは、カタリナ・ターゲット・メディア®を活用し、消費者、メーカー様、小売企業様の三者がWIN-WIN-WINとなる、これまでになかった新しいマーケティング・ソリューションをご提供しています。そして2012年、カタリナ・ターゲット・メディア®の運用領域を、デジタル分野、広告メディア分野へと広げるため、新たな一歩を踏み出しました。まったく新しいソリューションを広めていくことは、知恵を売ることであり、そのために優れた人材が必要なのです。

当社に入社した皆さんには、メーカー様、小売企業様、そして消費者に価値をもたらす新しいソリューションやビジネスモデルを創りだしていただきたいと考えています。これは「知恵」の創造です。

私が社員となる皆さんと共有したい想いは二つあります。
一つは、新たな「知恵」は、常に異質・異能がぶつかり合う中で創造されるということです。能力は高くても、同じような人ばかりが集まっていては「知恵」の創造も企業の成長もあり得ません。私を含め、カタリナの社員は皆、「新たな知とは知的な格闘の中で生まれるもの」と実感しています。新しい価値観や知見をぶつけ合う中でこそ、知は磨かれていくのです。そこで求められるのは、仲間をリスペクトするマインドです。

もう一つは、同じ志を持つ仲間がいきいきと働く空間をつくるために努力を惜しまないことです。努力の仕方や手法は、社員1人1人で異なるのですが、共通するのは、常に仕事における「CAN」、「LIKE」、そして「MUST」を伸ばそうと努めていることです。仕事における「CAN」を伸ばすとは、自分の能力をさらに高めるべく努力すること。「LIKE」は社員個人が仕事に楽しさを見出すこと。そして「MUST」は経営者側の視点になりますが、企業の成長を目指すことで、企業そのもの、そして個々の社員の活躍するフィールドを広げることです。この3つが重なり合うスイートスポットに、生き生きしたワークプレイス、活力のある仕事空間が生まれるのです。
常に新しい価値を求め、創造し、成長していくカタリナは、ともに働く多彩で多様な能力を持つ仲間、プロとしての成功体験を持つ人材を求めています。

代表取締役社長 若林 学