広告

2011年の「カタリナ・ターゲット・メディア®」のカラー化に伴い、カタリナはクーポン販促ツール「レジ・クーポン®」のターゲティング広告媒体機能を強化。新たな価値の提供に取り組んでいます。
具体的には、「レジ・クーポン®」と従来のマスメディアやプロモーションメディアと連動。視認率の高い、ターゲティング可能な広告媒体として「ブランド認知獲得・醸成」「キャンペーン最適化・効率化」「コミュニケーション全体の効果測定・分析」などの提案を行っています。

強みと特徴

強みと特徴

メディアプランの効率化×最適化

メディアプランの効率化×最適化

広告宣伝や販促活動において、従来のマスメディアやプロモーションメディアに加えて「カタリナ・ターゲット・メディア®」を組み入れることにより、訴求対象となるセグメントと効果的で効率的なコミュニケーションが可能です。
同時に、カタリナが提供する価値の一つ、「効果測定・分析」を活用することで、次期メディアプランの最適化も行えます。

ビッグデータ×ターゲティング

ビッグデータ×ターゲティング

「カタリナ・ターゲット・メディア®」は、日本における世帯カバー率93%以上のシンジケーションネットワークをベースに、毎週8,800万人の消費者が通過するレジというタッチポイントにおいて展開しています。
ターゲティング可能な広告媒体としてセグメント選定に活用できるのは、3.0ぺタバイトのビッグデータ。視認率についても、消費者1人ひとりに手渡しすることにより訴求対象と直接アプローチできるため、約90%という高い数値を誇っています。

デジタル×アナログ

デジタル×アナログ

マスから個々へ、個々からマスへ。デジタル環境やデジタル機器における急速な進化・拡充により、コミュニケーションはその可能性を大きく広げました。
企業もその活用が必須とされる時代、膨大なデジタル領域の情報量に埋もれた施策を訴求対象へ効率的にアプローチすることが重要です。
「カタリナ・ターゲット・メディア®」は、訴求対象のセグメントを行い、1人ひとりに手渡しするという一見アナログな手法ですが、商品やブランド、キャンペーンなどへの認識を高め、消費者に次の行動をうながすという点で大きな強みを持っています。