代表取締役社長 花崎茂晴

代表取締役社長 花崎茂晴

代表ご挨拶 〜新たな付加価値創造に向けて〜

2018年、カタリナマーケティングジャパンは、日本でのサービス開始から20周年を迎えました。

米国で30年以上前に産声を上げ、リテーラーと消費者のタッチポイントである「レジ」に注目し、POSデータとの連携による消費者一人
ひとりにパーソナライズドクーポンを発行するカタリナのマーケティング手法は、メーカー、リテーラー、そしてクーポンを利用する消費者に
win-win-winの「三方一両得」を実現するユニークなビジネスモデルとして、長期に亘ってご支持、ご利用を頂いて参りました。

その結果、現在カタリナのストアレジクーポン導入数は10,000店舗を超え、週間約1億人の消費者にリーチできる他社の追随を許さない
パーソナライズドメディアに成長致しました。

しかし、私達カタリナマーケティングジャパンはこの20周年の節目を迎え、これまで提供してきた「価値」を根本から再定義し、
新たな付加価値を創造するセカンドステージに入りました。

月間4.5億に及ぶ購買ビックデータを改めて様々な角度から分析・活用し、真にデジタルとリアルのシームレスな融合を実現する
“オムニプラットフォーム”の提供をミッションとし、メーカー、リテーラーと消費者の「タッチポイント」としての「コア」はしっかりと
守りつつ、斬新な機能・サービスの開発・提供を強化推進し、カタリナの提供価値の飛躍的な向上に努めて参ります。

関係各位のご支援、ご協力に対し改めて御礼申し上げますと共に、これからの新生カタリナマーケティングにご期待ください。

2018年、カタリナマーケティングジャパンは、日本でのサービス開始から20周年を迎えました。

米国で30年以上前に産声を上げ、リテーラーと消費者のタッチポイントである「レジ」に注目し、POSデータとの連携による消費者一人ひとりにパーソナライズドクーポンを発行するカタリナのマーケティング手法は、メーカー、リテーラー、そしてクーポンを利用する消費者にwin-win-winの「三方一両得」を実現するユニークなビジネスモデルとして、長期に亘ってご支持、ご利用を頂いて参りました。

その結果、現在カタリナのストアレジクーポン導入数は10,000店舗を超え、週間約1億人の消費者にリーチできる他社の追随を許さないパーソナライズドメディアに成長致しました。

しかし、私達カタリナマーケティングジャパンはこの20周年の節目を迎え、これまで提供してきた「価値」を根本から再定義し、新たな付加価値を創造するセカンドステージに入りました。

月間4.5億に及ぶ購買ビックデータを改めて様々な角度から分析・活用し、真にデジタルとリアルのシームレスな融合を実現する”オムニプラットフォーム”の提供をミッションとし、メーカー、リテーラーと消費者の「タッチポイント」としての「コア」はしっかりと守りつつ、斬新な機能・サービスの開発・提供を強化推進し、カタリナの提供価値の飛躍的な向上に努めて参ります。

関係各位のご支援、ご協力に対し改めて御礼申し上げますと共に、これからの新生カタリナマーケティングにご期待ください。

花崎茂晴
2018年4月
代表取締役社長 花崎茂晴